家庭菜園をする時は芝刈り、雑草取り、間伐で庭を整えましょう

家庭菜園は庭の環境で全てが決まります 家庭菜園は庭の環境で全てが決まります

庭で家庭菜園を楽しむ前の下準備

家庭菜園を庭で行なう場合、まずは庭の環境を整えなければなりません。適当に整えた庭で育てても、良い作物は実りにくいですよ。

家庭菜園スペースを作るための下準備

家庭菜園を行なう規模にもよりますが、まずは畑の畝を作るためのスペースを確保しましょう。この時、雑草取りや芝刈り、そして場合によっては間伐を行なうのですが、これら作業に除草剤を使用するのはあまりおすすめできません。薬剤によっては土に悪影響を及ぼす可能性があるからです。大規模な庭のお手入れを行ないたいのであれば、業者に連絡して綺麗にしてもらいましょう。

スペースが確保できたら土壌改良を行なう

不要物の確認

庭の土を作って畝作りを行なう前に、まずは庭を作る場所の土を掘り返し、不純物の除去を行ないましょう。場所によっては廃材やコンクリートがあることもあり、作物を育てるのに邪魔になる場合があります。場合によっては業者に依頼して土壌改良を依頼するという手段もあります。この手段なら素早く行なえる他、作物づくりに適した土を使うことができます。

土堀りを行なう

畝作りをする場合、芝生や雑草・間伐を行ない、必要な分のスペースを作ります。場所としては日当たりが良く、周りに塀のない風通しが良い場所を選ぶと野菜づくりに適した環境を得ることができます。土を掘る場合はまず鋤を用いて土を柔らかくし掘り起こしましょう。この時、日光に当てて乾燥させたほうが作業はしやすくなり、土中の殺菌に繫がります。

小さいごみを取り除く

石ころや古い根っこを篩にかけて取り除くことは重要です。小石があると大根を始めとした根野菜は育ちにくくなりますし古い根っこのせいで作物が病気になる可能性もあります。この準備は入念に行なう必要があり、混ざりものがない畑だと野菜もすくすくと育ちます。もし、あまりにも大きな石や根っこが出てきた場合は業者におまかせして取り除いてもらうというのも良いでしょう。

肥料を混ぜ合わせる

農作物は、土の栄養だけではまともに育ちません。堆肥を混ぜて養分たっぷりの土にする必要があります。堆肥は化成肥料、液体肥料、有機肥料の3種類がありますが、どれが優れているかといったことはなく、育てたい作物や、堆肥の内容に合わせて使い分けましょう。ここまで行なった準備全てが終われば、家庭菜園は成功したも同然だといわれています。

これで下準備は大丈夫

家庭菜園で失敗しないためには最初の土作りが肝心です。作物を美味しく実らせるためにきちんと準備を行ないましょう。

家庭菜園の天敵となる雑草について

家庭菜園において天敵となるのが雑草です。雑草を放置したままだと作物に様々な被害が及びます。

畑の近郊でできやすい雑草とは

婦人

畑近郊に発生しやすい雑草に、イネ科の植物があります。具体的な名前として、麦、稲、すすき、ハルガヤ、スズメノテッポウなどが当てはまります。これら雑草は生命力が強く、気がつけば大量に繁殖しています。

雑草の芽を発芽させないコツ

定期的に土起こしをしましょう(農家)

雑草の種というのは気が付かないうちに地面に根付き、発芽しているものです。そのため、定期的に土起こしを行なって土をいじることで雑草は生えにくくなります。また、土中に空気が取り込めるため作物も育ちやすくなります。

雑草の手間を省くためには

雑草は、生えてから処理をするよりも定期的にお手入れを行なって雑草が生えない環境にするのが大事なのです。よって、環境づくりにはとことんこだわりましょう。

TOPボタン